電話:0555-72-2222(代)

メニューを開く
メニューを閉じる
ここから本文です

小児科

小児科

職名氏名大学名免許取得日専門医
小児科部長佐野友昭山梨大学H1年小児科専門医 
小児科副部長古市嘉行北海道大学H9年小児科専門医
認定小児科指導医
ICD 
小児科医師杉田幸大山梨大学H29年 
小児科医師正古慧子群馬大学R2年 

診療科の特色

当院小児科では、佐野友昭(部長)、古市嘉行(副部長)、杉田幸大(医員)、正古慧子(専攻医)の常勤医4名により一般小児科診療を行い地域の二次医療病院としての役割を果たしております。夜間、休日は富士東部地区の小児救急二次輪番病院として、更に小児初期救急センター出務を通して地域の小児医療に貢献してまいります。
今後も患者さん本位の小児医療を行っていきたいと考えておりますので宜しくお願い申し上げます。

診療方針

午前中は感染症を中心とした一般外来を2~3名の医師で診ております。
午後は主に専門外来、予防接種、乳幼児健診を行っておりますが、救急患者についての受け入れ態勢はありますのでご一報頂ければ幸いに存じます。小児科は基本的に山梨大学小児科の関連施設です。当院では対応困難で、高度医療が必要な症例は、高次医療機関である山梨大学、山梨県立中央病院と連携し対応しております。
専門は佐野が内分泌(毎金曜午後)、古市、杉田が血液です。
更に、専門外来として東邦大学の金村英秋教授(第3金曜午後)、星野廣樹助教(第1金曜午後)による神経発達外来、山梨大学の河野洋介助教(第1、3水曜午後)による循環器外来を行っています。

主な対象疾患

  • 血液:貧血、血小板減少性紫斑病、血友病
  • アレルギー:気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、アナフィラキシー、IgA血管炎
  • 神経:てんかん、筋変性疾患
  • 腎、泌尿器:先天性水腎症、ネフローゼ症候群、学校検尿3次医療機関
  • 臍ヘルニア(出臍)
  • 内分泌、代謝:成長障害(成長ホルモン分泌不全性低身長、SGA性低身長、亜鉛欠乏症)、思春期早発症、思春期遅発症、甲状腺機能低下症、バセドウ病、糖尿病、夜尿症、ターナー症候群
  • 感染症:副鼻腔炎、尿路感染症、髄膜炎、気管支炎、肺炎、伝染性膿痂疹、水痘、おたふくかぜ
  • 循環器:先天性心疾患、不整脈、川崎病後遺症
  • 医療的ケア児に対する医療(在宅酸素療法、胃瘻、気管切開の管理)

診療担当表

  • 毎月第1・3金曜日の午後、小児科外来にて金村医師が診察を行っております。専門は小児神経・発達疾患になります。
  • 午後の一般外来は行っておりません。
  • 公務出張等により休診となる場合もありますので、受診の際は電話にてお問い合わせ下さい。
時間帯月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前佐野

古市
佐野
古市
8:30~9:30まで
正古
9:30~
佐野

古市
古市

杉田
佐野
8:30~9:30まで
正古
9:30~
杉田
9:30~
午後予防接種
【予約】
乳児検診
【予約】
循環器外来
河野(第1・3)
予約外来
予防接種
【予約】
佐野(予約14:00~)
星野(第1)
金村(第3)

ページの先頭に戻る