電話:0555-72-2222(代)

メニューを開く
メニューを閉じる
ここから本文です

泌尿器科

泌尿器科

職名氏名大学名免許取得日専門医
泌尿器科副部長鵜木勉昭和大学H23年医学博士
日本泌尿器科学会 専門医
日本泌尿器科学会 指導医
Intuitive Surgical da Vinci Certificate
身体障害者福祉法15条指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)
テストステロン治療認定医
過活動膀胱に対するボツリヌス毒素(ボトックス)講習・実技セミナー終了
Rezum System講習・実技セミナー終了
泌尿器科医師川村杏樹山梨大学R2年

診療科の特色

当院泌尿器科は2014年から昭和大学泌尿器科学講座から医局派遣で常勤医師2名で現在診療にあたっております。常勤医師2人と小規模で、また手術器具等の関係で出来ることに限りはございますが、ひとりひとりの患者さんを大切にし、エビデンスに基づいた治療・説明をすることを日々の診療で心がけ、富士北麓地域を中心とした医療に貢献していこうと考えております。

診療方針

排尿障害の治療は問診に加え、排尿機能検査、超音波検査によって病態を評価し、内服加療を中心に行っております。尿路結石は尿検査、超音波検査、レントゲン検査、CT検査により、結石の有無、位置、サイズ、水腎症有無等を評価し自然排石が期待できるなら内服加療、水腎症、腎機能悪化による尿路ドレナージが必要な際は、一時的に尿管ステント留置を行い、経尿道的尿管結石破砕術(TUL)を行える施設へご紹介をしております。尿路悪性腫瘍については腫瘍マーカー、超音波検査、膀胱鏡検査、CT検査、MRI検査などなるべく早期に行い、的確な病状診断を行うようにしております。膀胱癌等の手術に対応するとともに、必要であれば高度医療機関への紹介など、患者さまにとって最適な治療を提供できるように心がけております。

主な対象疾患

  • 膀胱癌
  • 腎癌
  • 尿管癌
  • 前立腺癌
  • 精巣腫瘍
  • 腎尿管結石
  • 前立腺肥大症
  • 腎盂腎炎
  • 過活動膀胱
  • 尿失禁症
  • 神経因性膀胱
  • 包茎
  • 陰嚢水腫
  • 精液瘤
  • 膀胱炎
  • 前立腺炎
  • 精巣上体炎
  • 尿道狭窄症
  • 性感染症
  • 男性更年期障害

診療担当表

  • 公務出張等により休診となる場合もありますので、受診の際は電話にてお問い合わせ下さい。
時間帯月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前鵜木鵜木手術鵜木川村
午後予約外来予約外来手術予約外来予約外来

ページの先頭に戻る