日本赤十字社 山梨赤十字病院
YAMANASHI RED CROSS HOSPITAL ホーム診療科案内職員募集健診事業お問い合せサイトマップ
病院のご案内
外来・入院のご案内
患者様へのお知らせ
介護施設のご案内
地域医療連携
災害医療活動
感染症
介護事業のご案内施設のご案内
健診事業のご案内
その他のご案内

[ 地域医療連携について ]


地域医療連携とは

地域医療連携とは、現在、国(厚生労働省)が進めている医療政策である「医療機関の機能分化と連携の促進」が進められています。高度な医療設備や専門性のある技術をもった地域の中核病院と、患者皆様の身近にある地域の『かかりつけ医』(医院・診療所等)とが役割分担をし、お互いの長所を活かして連携しながら、患者様の症状に応じた適切な医療を提供し、病気の治療や早期発見に努めることを目的とするネットワークの事です。

『かかりつけ医』とは、常日頃から患者様ご自身やご家族の健康、病気に対して相談に応じてくれる身近な開業医の先生のことです。かかりつけ医は患者様の健康状態や症状などを把握し、患者様の健康管理を行います。そしてより精密な検査や入院による治療が必要だと判断された場合、そのかかりつけ医が病院を紹介し、病院の医師と相談しながら治療を進めていきます。

かかりつけ医と病院が連携して患者様の治療にあたることで、同じ検査を受けるようなことを少なくし、より効率的に治療を受けられるようになります。

当院にとってもこうした地域医療連携は必要不可欠なものであり、それぞれの医療機関の機能に応じて役割を分担し、効率の良い医療を目指していきたいと考えています。 



地域医療連携室について

地域の医療機関からご紹介の患者様の受入を円滑に行い、急性期、高度医療に対応した地域の中核病院として地域の方々に貢献いたします。

地域医療連携室は、医師会会員及び当院関連病院の諸先生方からの患者様紹介に対する院内の受入調整並びに、受診結果連絡等に関することを主な業務とします。

当院といたしましても、地域医療連携室の活動を通じて先生方の診療のお役に立てるようにしたいと考えております。今後とも、診療所の先生方をはじめ医療機関の先生方ご利用くださいますようお願い申し上げます。 


 Copyright © YAMANASHI RED CROSS HOSPITAL All rights reserved. ページ先頭へ