日本赤十字社 山梨赤十字病院
YAMANASHI RED CROSS HOSPITAL ホーム診療科案内職員募集健診事業お問い合せサイトマップ
病院のご案内
外来・入院のご案内
患者様へのお知らせ
介護施設のご案内
地域医療連携
災害医療活動
感染症
介護事業のご案内施設のご案内
健診事業のご案内
その他のご案内

[ 院長挨拶 ]


院長挨拶

私達の山梨赤十字病院は富士山の北麓の溶岩台地にあり、南に富士山、北に河口湖、西に西湖・精進湖・本栖湖、東に山中湖と富士五湖の中心に立地する風光明媚な土地柄です。また県内唯一の赤十字医療施設として、地域住民と共に歩みつづけています。少子・高齢社会の中にあって常に社会のニーズに対応しながら、「明るい住みよい地域社会の構築」を念頭において職員一同努力しております。救急医療対応をはじめ「より質の高い医療・看護」にも頑張っております。
昭和12年組合立診療所として設立され、昭和16年日本赤十字社に移管、平成3年に現在地(富士北麓県有地50.804m2)に全面移転新築し、他に類を見ないほど恵まれた環境の中に近代的医療装置を保有した新病院(220床)を開設いたしました。また平成8年には隣地に「県立富士ふれあいの村」が建設され、医療・福祉の一元化に協力するとともに平成12年4月介護保険制度施行と同時に長期療養型病床(45床)を開設し、さらに平成15年5月通所リハビリテーションの運用を開始しました。平成16年には日本医療機能評価機構の認定をうけ、平成19年には管理型臨床研修病院の認可を得て医療人の育成と医療のレベルの向上に努めています。平成23年集中治療のためハイケアユニット病床を開設しました。当院は富士・東部医療圏における中核病院として、保健・医療・福祉の要としての役割を果たしております。
また平成23 年の東日本大震災、その後の福島第一原子力発電所の事故による災害の救護を行い、最近では船内で新型コロナウイルス感染症の集団感染が発生した令和2年のダイアモンド・プリンセス号の救護活動を行っています。 山梨赤十字病院は地域医療、救急医療、災害医療の面から富士北麓地域に今後も、貢献していきます。

 
山梨赤十字病院
院長:伊藤 誠司

 Copyright © YAMANASHI RED CROSS HOSPITAL All rights reserved. ページ先頭へ